上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イーマージーーン!!(挨拶)

もう夏休みなんですねえ。
近くに市民プールとでかい公園があるので、家の近くがやかましいですよ。
図書館や本屋も混んでいて。
今日、夏の100冊のチェックしに駅前の書店に行ったら、実に愛らしい中学生くらいのお嬢さんが、「あ、あの・・・輪るピングドラムっていうのが載ってる本は、ありますか・・・?」って店員さんに聞いていてスゲー可愛かったです。
店員のおっさんに「知らんなー」って言われて涙目になってる姿がもっともっと可愛かったです。
あとでアニメ誌を見せておきましたが。
わたしにもあんな時代が・・・・・なかったな!(爽やかに)


さてさて、夏の本れびゅです。まずは前半、ミステリ編から。


『真夏の方程式』――――――東野圭吾
真夏の方程式
湯川先生のガリレオシリーズ最新作。
子供と話しただけで鳥肌立ってた湯川先生が、なんと、子供と話したり、実験したり、すっげー成長を見せる一作。
一夏の思い出にするには苦すぎる、そんな少年のある夏の日のお話は、湯川先生の成長物語でもありました。
ミステリ部分はやや弱いんですけど、やっぱり読ませる力ハンパ無いというか。
人間観察や、ドラマの部分に重きを置いたのかな、とか。
夏、海、田舎の1日。それが目に浮かぶようなんですよねえ。
素直じゃないクソガキと一緒になってムキになる湯川先生を、ドラマのキャストで想像するとニヤニヤが止まらんよ!
これは是非夏に読んで欲しいですね。
そんで来年辺り、夏のスペシャルドラマにでもして欲しい。
これはそういう作品です。


『謎解きはディナーのあとで』―――――東川篤哉

謎解きはディナーのあとで
これ、本屋大賞の前にジャケ買いしてたんですけど、なんというか、最近の本屋大賞はライトに、時間のない人にもさらっと読める見たいなコンセプトでもあるんですかね~?
いや、でも面白いんですよ。
しかし、キャラに頼りすぎてて、ミステリ部分がが限りなく薄い・・・。
それは『真夏の方程式』にも言えることですが、やっぱ新人と大御所はねえ・・・、比べる方が悪いよね。
でも背の高い、慇懃無礼眼鏡は大好物です。
本当にありがとうございました。

ちょっと毒吐き。
本屋大賞ってもう、完全にマーケティングだけの有名無実化してる気がするんですよねえ。
そんくらいなら、レコ大の本屋版でええやん。あかんのん。って思っちゃうわけですね。
売れる本=いい本じゃないし、逆もしかり、なんですけどねえ。


『愛おしい骨』―――――キャロル・オコンネル

愛おしい骨 (創元推理文庫)
これがミステリーか、って聞かれると非常に困っちゃうんですけども、一応ミステリーの棚に売ってたし、”創元推理文庫”から出てるから、ミステリーで!
20年ぶりに生まれ故郷の町に帰ってきたオーレンの前にあったのは、認知症の父親と20年前に失踪した弟の骨が毎晩、一つづつ還ってくること。
という話ですが、このオーレンの帰ってきた町っつうのが、アメリカの田舎町の、変人しか住んでない(←ここ重要)狭いコミュニティ。
本当に変人しかいないし!
オーレンの初恋の彼女はツンデレとかじゃないし!もうツンですらないし!マジ殺しにかかってくるしwwww
そんななか、もう一度20年前の出来事をなぞり始めるわけですが、これが、ハマるとぬけだせないんですよねー。
続きが超気になる。
あと、謎の家政婦のハンナ、最強です。
この物語はハンナがいないと進まないですから。ハンナかっこいいですー。



今日の一曲:THE CHERRY COKE$「Rascal Trail」‏
スポンサーサイト
なでしこジャパン、ワールドカップ優勝おめでとう!!!


いやー、すばらしいですね!
和井は今ちょっと体調が悪くて、夜起きてられず、朝になってからニュースでハイライトを見たんですけど、もう朝から8回はハイライトと特集を見てますよ。
まさか、とは思ってたけど本当にやりやがった~~!!!
すごいですよね!
彼女たちの気迫や鬼気迫るプレーを見てると、「こっちの方がなでしこじゃなくてサムライジャパンじゃね?」とか思ってしまうほど。
ヨーロッパやアメリカの選手より随分小さい身体なので、余計に試合見てると凄さが分かるというか・・・。

本当に、本当に、おめでとうございます!!



台風来てますね・・・・・。
直撃しないで欲しいですが、無理かなあ・・・・。
大事に至りませんように!!


今日の一曲:SEENA「Living Hands」
暑いです。死にまする。
つまり、バテていまする。
犬猫ーずもバテバテで、こないだ病院行って来たくらいです。

そんななか、出不精に磨きがかかってます。。。
うちで元気なのはキュウリとひまわりくらいだぜ!!


残りの新番組~。
因みにドラマはまだ見てないんですが。地方都市だしな。


やっぱ、ノイタミナブランドはすごいなー、というのは『うさぎドロップ』『NO.6』ですねー。
関西ではあにめわ~く!という非常にだっさい名前で放送してるけど。
『うさぎドロップ』はふんわりした原作のテイストを生かした絵のタッチと土田大さんの声と子役たちの演技の可愛さがたまらんすー。
このアニメ、子供の声がほんまの子役さん使ってるんですよね。
まわりがベテランだから浮かない。すごいな。
安心してみられる感じ。
しかし、イヌカレーさん人気やね!!
『NO.6』は、実は原作見たこと無いんですけど(高くて薄い本で出てるのは見たことある)、ちょっと懐かしい感じのする未来観と少年二人の友情とか、ちょっと眉村卓さんのジュブナイルみたいな感じが好きかも。
絵とか設定とか細かいツッコミはいっぱいあるねんけどな!!(笑)。

で、ラスト、『神様のメモ帳』
良くある設定とか、すっごいベタなんですが、何となく見てしまう・・・・。
キャラ可愛いです。
キャラ可愛いです(大切なことなので2度言いました)
でもオタク的な要素を持つ人間にとってアリスのような生活って一度は憧れると思うんだ!!


おまけ。
『魔乳秘剣帖』
眠れなくてボーとテレビをつけながら本読んでたら、テレビから大/川/透さんの素敵かっこいい声で乳乳連呼されて思わず梅酒吹いた。


今日の一曲:東京事変「空が鳴っている」
生存戦略ー!!(挨拶)

こんばんは、和井です。


こないだ日曜日に京都に行ったのですが、その日京都は37度あったそうです。
凄い暑いです。
でも今日は大阪は26度でした。
・・・・・・・・・・・・・・風邪ひく!風邪ひくよ!!!
今週、祇園祭なのですが、1回くらい行きたいんですけど、めげた。
毎年めげている。


では、夏の新アニメ、3ツ。

今週と先週が新番組ラッシュなんですけど、ダントツは『輪るピングドラム』『夏目友人帳 参』ですね!

夏目友人帳は鉄板。
3期目になってもクオリティ落ちないですからねー。
一話は今までのおさらい的な話で短かったですけど、和井は涙がボロボロ出ちゃって困りましたよ・・・・。
うちのママンが夏目友人帳の大ファンなので、新しいHDDレコーダーで高画質で保存できる事を死ぬほど喜んでます。

輪るピングドラムは、幾原節炸裂でしたね!テンポ、キャラ、兄妹愛、不条理。
細かい書き込みがめっちゃすごくて、手がかかってる!て感じ。
なんと言ってもテンポの痛快さがたまらないですね。
私的にはおもちゃ箱のような兄妹たちの関わる場面の美術とそれ以外のちょっと不気味なくらいの美術の差が、変身シーン以上に良かったかなー。
絵も良かったですけど、これからどうなるのか、寧ろちゃんとストーリーがあるのか自体が分からない(笑)ので、とにかく良いです。

で、『BLOOD-C』
すっごい心配だったんですよ・・・・。だって、『BLOOD+』で一応あの世界に答え出しちゃってる訳じゃないですか。
まあ、BLOODの世界は全てがパラレルワールドで、中心に小夜がいて、翼手がいて、それ以外は書いてる人によるっていうか。
歴史と現代の不安感を突き詰めてすべてを薙ぎ倒すカタストロフィ的な存在が小夜じゃないですか。
CLAMP大丈夫かってなっちゃうじゃないですかwwww
で、アニメは思いっきりCLAMP節でした。これどーなんだ。
でも、モンスターのシーンガ滅茶苦茶良かったんですよねー。
逢魔が時に襲い来る、石仏の形をしたモンスター。凄いインパクト。流石I.G.。
これは・・・・・・見ようかなーって気になりますがな!!
古きものの正体とか、小夜の家とか、全然わかんない事だらけですが、楽しみかも。


今日の一曲:MASS OF THE FERMENTING DREGS「青い、濃い、橙色の日」
新番組チェックも怠ってねています。
和井です。

いやー、真夏日!猛暑日!夏が苦手な和井にとってはきっついばかりの日々がまた復活するかと思うと・・・。
低気圧もしんどいけどね・・・・・。

最近、季節の変わり目の、春とか秋とかが曖昧になっちゃってる気がするんですよね~~。
一番好きな季節なのに。

こんな暑いのに、うちの庭は頑張って花が咲いていて、偉いなあ~。とか。
でも一番好きなのはナスの薄紫の花。


うちの庭は、そこそこ広くてコンクリひいてないのでうちの犬猫の絶好の遊び場~。
喜んで走り回っているので、毎月のフロントラインプラスは欠かせません。
私も蚊に刺されまくってるけど・・・・・・。
和井は以前、アナフィラキシーショックを起こしてから、抗アレルギー剤を飲んでいるので、蚊に刺されても15分くらいで引っ込むのを見て、「薬怖ぇー!!」ってなりましたが。
すげーなー。

明日は少し良くなって、遊びに行きたいです。
京都行きたい京都。
暑いけども。


今日の一曲:the HIATUS「Bittersweet / Hatching Mayflies」
こんばんは、和井です。

今日は電車の中で見た、携帯のニュースで漫画家の和田慎二先生の訃報を知り、思わずぼーぜんとしてました。
最初は「え、同姓同名の誰かじゃないの?」とか思っちゃったくらいで。
花ゆめ世代なので、和田先生の漫画はずうっと読んでて、本当に大好きで。
本当に残念です。心よりご冥福をお祈りいたします。


今日は是枝裕和監督の『奇跡』を見にいってきましたよー。
すごーくよかったですよお!
今までの是枝作品は割と、”現在・過去”や、”生者・死者”の対比が多かったのですが、今回は、”子供の成長と未来”。
主役のまえだまえだの二人が凄いいい味だしてたのと、やっぱりまわりを固める俳優陣が豪華!
鹿児島と福岡の話なんで、全編九州弁なんですが、とーちゃんがバリバリ宮崎弁だった和井が聞いても特に違和感あまり無かったくらいは指導がちゃんとしてました。
ちょっとぎこちないところもありましたが・・・。
カメラワークとか子供たちの撮影の仕方が凄く是枝さんらしくて。
子供たちのシーンが本当に生命力にあふれていました。
離婚して、離ればなれになった兄弟っていうと『二人のロッテ』(知ってる人いるかな?)的な悲劇感がありますが、彼らは非常にしぶとくしたたかに生きてるんですよね。それぞれのやり方で。
ていうか子供ってしぶとくてしたたかですけどね、普通に(笑)。

彼らの日常に起きなかった大きな奇跡と、起きた小さな奇跡。
きらきらする日常が凄く素晴らしかった。
希望と奇跡って似てるなあって思いました。

九州行きたいです九州。
新幹線通ったし、九州行きたいなあ。
熊本行って温泉入って柳川見物して博多行くのん。



今日の一曲:くるり「奇跡」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。