上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども、和井です。暑いですね!っていうか暑いですね!!

あまり甘いものを好まない(私は別)和井家で愛飲するウィルキンソンのジンジャエールが近所で売ってないので箱買いしました。これ、ビンなので返却するのですが、これもって近所の酒屋までいくのかと思うと気が重いです。
ジンジャエールと言うよりイギリスのジンジャービアみたいな味のするこれからの季節にぴったりな、レモン汁を入れても美味しいジンジャエール。



昨日、猫拾いました。

またかよ!って感じですが、私、今までそんなに拾ってない、よく考えたら。
昨日の夕方、「少し涼しくなったかな?」と思って銀行の用を済まして買い物をしようとしてたら、自転車の進行方向に何か黒いものが。「なんだろう?」と思っていたのですが(私はあまり目が良くない)、その黒いものは道にふらふらふら、とまろび出たかと思うと、いきなりくにゃ、といって倒れてしまったのです。
「猫だー!!」駆け寄ってみるとまだ子猫。しかし、ガリガリにやせ細り、皮膚病に冒され、角質が肥大化してシワみたいになって毛もだいぶ抜けており、お世辞にも可愛いとは言えない・・・・・、つかちょっと・・・・なんつか・・・・。
可哀相、でも、どうしよう。夕方の散歩の時間、車の通れない細い道なので散歩コースに人気な道で人も集まり始め、「可哀相やなあ」「助かるんかいな」「・・・・・・保健所か?」とざわざわ。
そこで心は決まりました。
猫を犬連れたおっちゃんに貰ったハンカチにくるみ、自転車のかごに乗せてかかりつけの獣医さんに走りました。
最初は暴れた猫も、「ええか、絶対助けたる!病院行くで、すぐやからな!絶対、助けたるから、頑張れ!」というと大人しくなり、かごに入ってました。

獣医さんに駆け込むとすぐ見てもらえました。
どうも既に意識は混濁してたみたい。
当たり前です。この暑さで飲まず喰わずだったみたいなのですから。
皮膚は疥癬。それより極度に飢餓状態で低血糖を起こしており、かなり危険な状態・・・・・。
歯も折れており、擦り傷だらけだったことを見るとどこかから落ちたかしたのでしょう。
レントゲンは問題なし。
獣医さんは「とりあえず点滴で糖と水分を補給させて様子を見ます。どうなるかは・・・、まだ・・・・。でも、折角和井さんに拾われた運のある子です。できる限りのことはしてみます」といってくれました。
ダンボールに入れられて、ケージへ。
獣医さんはお家と診療スペースがくっついているので夜も様子は見られる、とのこと。
このときこの子は女の子だったことに気が付きました。
・・・・・・・・・・で、一緒に私の手の傷も見て貰いました。すいませんでした・・・・・。


問題はお金です・・・・。
獣医さんに預けるとなるとそれなりにかかります。
ましてや子猫、助かったとしてもあれやこれやでかなりまたかかります。
ので、ママ上に頭を下げまして、「お金を貸して下さい!!」と。
断られるのも覚悟の上でしたが、私はママ上の動物好きを見誤っていたようです(笑)。
「あたりまえやんか。その猫見捨てとったら私親子の縁切っとったわ」
・・・・・・・・・・・私はいつの間にか親子の縁を切られかけていたようです。
「その子助かるように先生に頑張ってもらお。S先生なら大丈夫。治ったら里親探さなな。何、もらい手無かったらうちで面倒みたる!」
ママ上が神様にみえまいた・・・・・・・。

「アンタが入院したらどうせそんくらいかかるねん。頑張って体調管理しいや」「・・・・あい、がんばるす!」


今日、獣医さんに電話したら、「昨日よりはマシです。自立歩行もしますが、まだ意識ははっきりしてないぽいです。かなり長時間低血糖だったようです。自分でごはんは食べられません。口に入れると食べますが・・・。もうすこし様子を見させて下さい」と言ってました。
あの子はどうやら、生きようと頑張っているようです。
どうか、どうか助かって欲しいです。
祈っています。どうしようもできないけど。君の居場所はここにあるからね!


この辺は古い城下町なので車の通れない細い道が多く、当たり前のように野良ちゃんも多いのです。地元の人たちの好意で耳カットされた地域猫ちゃんたちが多数なのですが、当たり前ですがその好意の中からもれる子もいっぱい居ます。
その上、この時期のお母さん猫たちは子供を連れて警戒心が強く、まず捕まりませんから、何かあっても治療もできません。
私が助けた子なんか氷山の一角に過ぎません。
でも、私がこの子を見捨てたら、私は二度とうちの猫たちと付き合えない気がしたのです。




因みに、猫疥癬だったので家に帰って手を念入りに洗い、すぐに着替えて洗濯して今太陽光殺菌(殺ダニ)中。
この陽気ならすぐ死ぬだろうし、うちの子たちはフロントライン使ってるから移りゃしないだろう・・・・。
最近、猫疥癬ダニが増えているらしいので、飼い猫のいるかた!外猫を触る際は十分に気をつけてあげて下さい!!




今日の一曲:THE BACK HORN「未来」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/1030-9cfe61ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。