上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんはー。
年の瀬ですね。
和井はアレルギーのため、買い出し&料理組に配属です。
掃除とかさ・・・・・、ほんっともうマジで辛いんだよ・・・・・、涙と鼻水で前が見えないんだ・・・・・。
引っ越しも地獄だったです。
見られて困るものは事前に片付けましたけど!



そんな和井の2010年最後の映画は『白いリボン』でしたー。
前評判が物凄く高かった、ミヒャエル・ハネケ監督の最新作。
パルムドール受賞作だけあって、レディースデーの二回目の上映に行ったら立ち見が出てました。
ただ、特に派手なBGMも展開もなく、ただある一人のよそ者の青年による語りで淡々と進んでいく作品は映画を見慣れない方には辛かったらしく、途中で寝てたり、帰ったりする人もちょっとだけ居ましたけど・・・・・。
しかし、その淡々と綴られる毎日の中の異変が、第二次大戦直前の、ドイツの寒村という限られた舞台の中で空気感として映画かれていて、かえって怖くて、雰囲気を高めてました。
モノクロフィルムなのも良かったですね。

とあるドイツの寒村で、村唯一の医者が誰かのいたずらによって落馬して死にかけるという事件。
そしてその事件から、じわじわと村を覆う狂気と悪意。
次々送る事件の犯人はだれなのか。そして悪意が飽和状態になり・・・・・・。
これは戦争の時のドイツの縮図なんだな、と途中で分かるんですけど、それまで確かにちょっと退屈かも知れません。
でも、最後の最後に確かな正解が出されるわけでないので確りと見ていなくてはならないのです。
最初から提示された条件をクリアする人物は既に示されているのでよく考えれば誰が犯人か、明白なんですけどね。

しかし、それ以外に、人の確執、狂気、悪意が明確化される原因・・・・・・横暴な男爵とその一家、厳格で子供たちに厳しすぎるしつけをする牧師一家、家政婦と不倫をしながら実の子供に性交渉を強要する医師、その他の人々も静かに抑圧され、狂っていく中で、よそ者扱いの隣村から通う教師の青年が語り部。
ほとんどをその青年の過去語りで構成される物語は尻切れトンボに終わるので、非常に後味が悪いですが、人間の悪意と後味の悪さはハネケ監督の持ち味ですので、じっくりと楽しみたいです。



今日の一曲:モーリス・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/1061-1aec5688
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。