上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、和井です。


今日は月一の病院だったのですが、病院行ったあと、行くの忘れてた森村泰昌展を見に、久々に神戸まで行ってきました。
灘のほうは本当久し振りだったのですけど、あまりにも変わってしまったので、人に聞いたら、「この辺は震災で全滅したさけなあ。全部1から作ってんよ~」って言われて、そうだ、そうなんだ、って思いました。
16年かかってここまで来たんです。
だから、東北だってきっと、10年かけて作り直すんです!って思いましたよ。

それはそうと、やっとこさの森村泰昌展、「なにものかへのレクイエム」は、本当に凄かった。
戦後日本をさんざんに突き詰めて、第二次大戦とは、人間の変遷とは、を彼なりのパフォーマンスでやりきっていました。

こないだテレビに出ていた森村氏は結構お年を召してたんですけど、そのエネルギーは衰えず、人間に愚かさと優しさを彼はとても愛してるんだな、って思う愛情を感じる出来でした。
素晴らしかった。

でも、素晴らしいとか、感動したとかじゃなくて、最初はもう、ショックを受けた。
この一言に尽きます。
殴られるようなショックと、その底にある人への深い愛情って、なんかこれは凄い、って思いました。
男性目線ながら、女に変身する森村氏は、女の目線で愛している。
そんな気がする。

行って良かったです。
今度は京都にパウル・クレー見に行きます。


今日の一曲:Linkin Park「Waiting For The End」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/1081-d88d1fd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。