上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、和井です。

今日は映画『009 RE:CYBORG』見てきましたよ!
実はヱヴァンゲリオンQ見に行って、どこの劇場もいっぱいで開いてるのがレイトショーだけだったんで、めげたんですけど、こっちもものすごおおく!見たかったので見てきたのです。
うふふふふー。

私は原作ファンでもあり、神山健治監督のファンでもあるため、かなりドキドキしながら見ていたんですが、すごく良かったですよー!!
やっぱりジョーとジェットは燃えますよね・・・・・(字はこっちが正解です!マチガッテナイヨ!)。
あのシーン入れてくるともうたまりませんよね・・・・・・。

神山監督は作品で全部を説明しちゃう方では無いので、かなりきちんと見てないと分かんないとこもあるんですけど、今回は未完の大作”神々との戦い編”を現代向けにアレンジしたものとしてはすっげー、成功ではないかと!
サイボーグたちの細かい設定やメカニックの凄さも流石!としかいいようがないので。

今回、今までそれほどでも無かったのに滅茶苦茶萌えた(コレはこっちの字が正解ww)キャラは004(アルベルト・ハインリヒ)でした。
かっこよすぎだろーがあああああ!!!!
大川さんボイスと相まってかっこ良すぎる・・・・。

最初3Dで見る予定無くて。
何となくだったんですけど、コレは3Dで見て正解でした。
加速時のジョー視点・外視点とか、雨粒、水の透過や煙、光の演出がものすごく良かったので。
こういう、アクションだけではない3Dの使い方、やっぱりサンジゲンやproductionI.G.はすげーなあって思いましたよー。

ラストのあの風景だけはまだちょっと消化し切れてなくて。
なので、もっかい見たいなあ・・・・・。

こういう視点と解釈はどうなんだとか、石ノ森先生に聞きたかった。
本当に。



今日の一曲:凛として時雨「想像のSecurity」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/1141-0eba641b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。