上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、めっちゃ久し振りの和井です。
元気です。
生きてます。

花粉と黄砂にやられぱなしで、その間身体がアレルギー反応を炎症反応と間違えて熱がガッツリ出て下がらなかったり、ちょっとゴタゴタが片付かなったり、色々ありましたが。。。

なんか、手抜きも甚だしい日々ですが、本レビュー。

今回のテーマは”イマジネーション”ですー。


『盤上の夜』―――――宮内悠介
盤上の夜 (創元日本SF叢書)盤上の夜 (創元日本SF叢書)
宮内 悠介

東京創元社 2012-03-22
売り上げランキング : 86304

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

古代インドから近代チェス、囲碁まで、ボードゲームをモチーフにした、連作短編集。
第33回日本SF大賞受賞、第1回創元SF短編賞 山田正紀賞と言うだけあって、やはり物語のこの厚みは流石です。
SFと銘打たれながら、人間ドラマとしても歴史物としても読める幅広く、また骨太な文体も良いですね。
特に表題作は天才女流棋士が、失った手足の感覚を盤上に再現しながら打ち続けるというモチーフで、彼女と彼女を支え続ける元棋士の師匠が、愛情でもあり、信頼でもあり、或る意味究極のラブストーリーとしても読めて、素晴らしかったです。
盤上の世界が世界に繋がると言うイメージは正に、無限のイマジネーションですね。


『最果てアーケード』―――――小川洋子
最果てアーケード最果てアーケード
小川 洋子

講談社 2012-06-20
売り上げランキング : 69043

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小川洋子さんの、世界のどこかにある、ちいさなちいさなアーケードとその中でのみ起こる物語。
そのアーケードは特殊なもの(古いレース、レターセット、ドアノブ、使い古しのメダルetc.)しか扱っていなくて、それを必要とする人間にしか入れない。
そのアーケードを父から継いだ女性(自称配達係)の目線で語られる、日常の中の非日常。
このアーケードはどれも死に色濃く彩られていて、読み進めるうちに、静かに崩壊していく世界の中で暮らす彼らも、そんな彼らを見つめ続ける語り手も、もう既に死者なのかも知れない・・・・・。
小川洋子の世界炸裂な静かなるイマジネーション。
漫画原作として書かれていまして、漫画の方も是非。
最果てアーケード(1) (KCデラックス)最果てアーケード(2) (KCデラックス)


『想像ラジオ』―――――いとうせいこう

想像ラジオ想像ラジオ
いとう せいこう

河出書房新社 2013-03-02
売り上げランキング : 365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3.11、その日、何があったのか。
届くべき人の中にのみ聞こえる”想像ラジオ”。
語り手、DJアークとその周辺。
少しづつ明らかになる想像ラジオと津波と地震。
人それぞれの悲しみの形。
喪失と絶望と再生。
それらが沢山詰まった小説です。
あまりに圧巻で、あまりに哀しくて、でも希望があって余り上手く感想言えるタイプの小説じゃないんですけど、あの日、被害にあった人、今も遭い続けている人、そしてそれを目撃した人たちに是非とも読んで貰いたい。
そして彼らの声を聞いて欲しい。
死者へのイマジネーション。


今日の一曲:androp「door」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/1145-497fd589
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。