上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんな、和井です。

京都へ伊藤若冲と江戸絵画展見に行ってまいりました!
うっすら紅葉が始まっていて大変良い季節です。
ので、四条河原町からテクテクと20分ほどかけてゆっくり国立近代美術館まで歩き、疎水べりで鳩を構ったり、カラスのくせににゃあとなくカラスを追いかけたり。

さてさて、通りをはさんで市立美術館と国立美術館が並んでいるので間違えると大変です(←以前間違えた人)。

目玉の伊藤若冲も勿論素晴らしかったのですが、長沢芦雪、曽我蕭白なども大変良かったです。
私は伊藤若冲は本当に大好きで大好きで、お財布の柄だとかも伊藤若冲(難波のショップで見つけて狂喜して購入)なほどで、大量のお土産購入し、多分変えたらカタログも買いたかったくらいで。
若冲は江戸時代のひとですが絵がすっごいROCK 'N' ROLLなんですよ!
AVANT-GARDEなんですよ!
かあっこいー!

見比べると良く解るのですが、日本画と西洋絵画って鑑賞方法が全く違うのですよね。
西洋絵画は割と広い所で離れて全体の構図を一度の目に入れるのですが、日本画は掛け軸などは主にたまに床の間にかけてくっついて見るのです。
世界が違いすぎます。大変面白い。

しかしこんな宝が二束三文で流出したんだと思うと維新時代の金持ちの首を絞めたくなります。

この後九州国立博物館と愛知美術館へまわるらしいのでそちら在住の方は是非是非。



フランソワで昼飯食って、スペアの眼鏡が合わなくなってきたので新京極の眼鏡研究社で眼鏡を物色しようと思ってたら眼鏡研究社は改装中でしたorz

京都は楽しいのでまた遊びに行きたいです。



今日の一曲:QUEEN「WE WILL ROCK YOU」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/274-ff9fabdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。