上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和井です!

今日は新春初売りが多い日でしたねー。
バーゲンいきましたか、バーゲン!
私は安くなっていたヴィヴィアンウエストウッドの靴下をたくさん買ったよ。可愛いなあ。
あと、鍋。鍋買いました。ミルクパン。
ずっと欲しかったんです。ちっちゃい鍋って絶対必要ですよね。不便で不便で。
でも色々見て結局、すごいシンプルな打ち出しアルミのミルクパンに…。
結局シンプルイズベストってとこでしょうか。
アルミは成分が溶け出して~、とか言うけれど、使う時にちゃんとお米の研ぎ汁を沸騰させておいてたまにそれを繰り返すとそんなことありませんよ。


でもでも、本当の本命は、映画『パプリカ』を見に行く事でした!
行きましたよお、良かったです!
あの筒井康隆のツツイズム炸裂、トリップトラップスラップスティック(ちょいエロ風味)な原作を一時間半でどう映像化するのか?いったいさすがの今敏でも無理があるのでは?と危惧していましたがさすがというか、無理に原作そのものを映像化するのではなく、『パプリカ』のなかの最も重要なキーワードである夢探偵パプリカと夢に搾って描いた事で上手く収まったように感じました。
「ああ、そう、悪夢ってこんな感じ!」ってえなもんで夢の不可解さ不条理さ。そういったものを「夢を見る機械を盗んだ犯人によって無理やり悪夢を共有させられる」シチュエーションによってあぶり出し、エグさを出したことで却って滑稽さが目立つ、というニクイ演出をしてくれました。
ただ、難を言えば何故パプリカが夢探偵なのか?何故夢を見る機械・DCミニ開発副主任にして精神科医の千葉敦子がパプリカとなっているのか?が説明不足でしたね…。初見の人は良くわかんないかも。
しかしそれを補って余りあるキャストの豪華さ。
凄いですよー。これですよー。
聞かせちゃうもん。
今時の、劇場公開のアニメに素人使うブームはハマればいいけどハマらないと徹底的にコケるのを見ていると安心して見れます。
原作でもいい味出してた二人のバーテンの声が筒井康隆御大と監督だったんですが、すっごいお上手でした…。
まあ、筒井氏は俳優としても活躍しておられるので兎も角、今氏、上手いよ(笑)。
溢れる言葉遊びと詰め込みに詰め込んだ画面、挿入される小ネタは一回では楽しみきれないように感じます。
原作同様、一回より二回、二回より三回、見るのがいいと思います。
あとすごーい音楽が良かったんでサントラ買おうと思ってます!
劇場で買わなかったのはタワーレコードでポイントためてるので…セコー!!
この映画を見て少しでも興味をもたれた方は是非原作を、そして筒井康隆世界ジャンキーになって頂きたい!離れられなくなりますよー。
パプリカパプリカ
筒井 康隆

新潮社 2002-10
売り上げランキング : 4351
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パプリカ オリジナルサウンドトラックパプリカ オリジナルサウンドトラック
サントラ

インディペンデントレーベル 2006-11-23
売り上げランキング : 176
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

白虎野白虎野
Susumu Hirasawa 平沢進

インディペンデントレーベル 2006-02-02
売り上げランキング : 1576
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




でで、和井明日から5日ほど入院してきますが、検査と投薬の経過を見るためなのですぐ帰ってきちゃいます。
その間留守にします。
では、行ってきまーす。


今日の一曲:井上陽水「夢の中へ」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/310-d114781d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。