上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.07 裏切りと犬
きょんばんわ。和井です。

3年目のニオイスミレが元気無いので相談相談。
どうも寿命…?株分けして更新をおすすめされてしまいました。くすん。スミレの株寿命が短いのは始めて知りました。
雲間草がたくさん咲いていて可愛いです。暫くしたら写真上げますねー。
しかし課題は夏越しです。


さてさて、『あるいは裏切りという名の犬』を見てまいりました!
これは邦題が大成功した例ですねー。タイトルでぐいぐいひきつけられますもんねー。
す っ ご く 面 白 か っ た で す。
・・・・いや、これはすごくない?
練りに練り上げられた構成と脚本はまさに正統派フィルムノワール。
そして・・・・・・渋いオジサマ萌えます。もう萌えます(笑)。
ダニエル・オートゥイユかっこええ~~!!
やー、このお方は以前『橋の上の娘』でメラドッキューン☆だったんですが…。トドメですトドメ。
オジサマが好きな人間(和井とか和井とか和井とか)にはたまらんぜ?
つかオジサマしか出てこねえしな、おおむね(爆)。
全く方向性の違う二人の男がパリの警察という囲まれた特殊な世界で違う方向で踏み外していくその過程。
そして、復讐と到達点。
ラストで二人が対峙するシーンがすごいんですよね。
真っ向から向かい合わずあえて淡々と描き出してて。
最初に断片として提示されるいろんなキャラクターや条件が伏線としてぴたりぴたりと嵌まっていって最後のシーンにつながるのはもう鳥肌モノですよこれは。
そして、最初のシーンと中盤のクライマックスのシーンがつながった時の絶望と感動。
これぞ真の伏線とその回収というものです。
サスペンスとしてもノワールとしても最高。
フランス映画はちょっと・・・・・・という人にも是非是非見ていただきたい!
そしてこの映画の真骨頂はやっぱ人間の描き方でしょうな。
ちょっとした脇役ですらかなりきちんと作りこまれてて手抜きとか全く無いんですよね。
あと、主人公のヴリンクスの友人、元娼婦のマヌーがめちゃくちゃいい女でした。
こういうおばさまになりたい。



今日の一曲:東京スカパラダイスオーケストラ「美しく燃える森」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/329-b39395b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。