上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは、薄暗く冷たい箱の奥底から見つかった。

形状からしてそれは缶である。
細長い、よくある保存食などの、よくあるカタチ。
開封済みのようで、プラスチックのふたが被せられている。

「・・・・・・・・?」

恐る恐る手にとって見るが、腹の奥底から湧き上がるどす黒い予感は確実に私を蝕んでいた。
勇気を振り絞り、その安っぽいピンクのプラスチックに手を掛ける。

ぽこん、

それはあっけない音を立てて外れ、缶の中身が外気に晒される。

恐る恐る、缶の中身を覗くと其処には―――



「ぅあ…」

ぬるり、と。てらてらと。

「あ…あああ………」

中にこびり付いたように在る、それは、ピンクのような、白いような…。

「あああああ…ああああああ……!」

それは正に、肉色と呼ぶべきモノが。


鼻を突く異臭。
しかし私にはもう既にそれに対する手立ては残っていなかった・・・・・・・・・・。






はいどーもー、家にある時計は大体いつも全部がちょっとづつズレてるけどあんまり直す気も無い和井です今晩はー。
だって、時間確認の為ならテレビと携帯電話の時刻表示で事足りるしー。
なのに何故にこんなに時計があるかといえばむかし時計蒐集にハマってたからです。
片付けろよな………。

上の小噺は、要するに冷蔵庫の奥から忘れ去られていた使いかけの猫缶を発見。
どれくらい時間が経ってんのかももう覚えていない猫缶は、中に正体不明の「ナニカ」が育っていて、それはもう素晴らしい惨状を呈していて、見なかったことにしたかったけど頑張って缶から中身を出して(糸ひいてました)缶を徹底的に洗浄してビニールに封印して捨てました。

奈須きのこ氏っぽい文体目指してみたけどどうでしょう(どうでしょうじゃねえよ)(つかちゃんと調べて掃除くらいマメにやれよ)

・・・・・・・・・・皆さん、片付けはマメにしましょうねえええぇぇぇぇぇ!


今日の一曲:フジファブリック「赤黄色の金木犀」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/34-06b6a1db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。