上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、出先で財布が崩壊した和井です。

以前出先でカバンが崩壊し、ちょうどいた場所が梅田ロフトだったんでとりあえず買ってその場で店員さんにも手伝ってもらって詰め替えた事がありましたが、今回はとりあえず財布を散らばらないようにビニールに入れ、今時どこのデパートでもセール中な訳で、レベッカ・テイラーの大変可愛く大変収納力のあるお財布を買いまいた。35%オフ。
和井八凪がレベッカテイラーつう柄かよ!とか言うツッコミは聞かない。黒くて普通にシンプルだよ。内張りはお花模様だが。
デパートのトイレで中身を詰め替えました。
出費が痛いです。


『ルネッサンス』『Genius Party』を見に行ってまいりました。
何故なら映画の日で安いから。
『ルネッサンス』は・・・・・・確かに美術凄いし、世界観は好みだけど、モロ、押井守とかGHOST IN THE SHELLとかの影響バリバリだよね…。
むしろ、別に無理矢理アニメにする必要なかったような気が。
普通に実写でよかったと思う。
『スキャナー・ダークリー』はアレはヤクで世界観がボロボロになっていく様子がモーションアニメーションで上手かったと思うけど、『ルネッサンス』に関して言えば実写とCGで充分構築できた世界だと思うし、アクションシーンが多いので、影を強調する白黒画面ははっきり言って絵がかなり見ずらかったです。
『シン・シティ』はあくまで絵をコミック風に、要所要所で色を付けていくので結構見やすかったけども。
で、『Genius Party』!
これはかなり良かったのではないかな。はい、面白かったです。
日本のアニメーションシーンを代表する人たちがショートフィルム形式で映画を!つって面白くねー訳ないやん!
河森正治監督の『上海大竜』、木村真二監督の『デスティック・フォー』、福山傭二監督の『ドアチャイム』、渡辺信一郎監督の『BABY BLUE』が好みでした。
特に渡辺監督&菅野よう子のビバップコンビはよかったなあー。青春だなー。
なんかねー、もうねー、好きな事やっちゃ切った感がいいなあ!
あと、エンドロール見てびっくらしたのですが、音楽、すげえひとってか有名なミュージシャンが沢山やってはります。豪華ー!!
ネットで配信もしてるみたいなので良かったらどうぞ。



今日の一曲:二千花「Genius Party」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/436-1bce83d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。