上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、和井です。

昨日はレディースデーだったので映画見たり、買い物したり、タワレコに居座ったりしてまいりました。

久しぶりにやった、映画連チャン。

まずは「転々」
大して期待もせず見に行って思ったよりずっと良作だったので得した気分です。

三木聡監督は、「亀は意外と速く泳ぐ」「インザプール」など、何処が面白いのか説明に非常に困るんだけどでも面白いっていう作風が「時効警察」に引き継がれた感じで、今回「時効~」メンバーをそのまま引き継いだ感じの作品でした。
しかし、本当に良かった!
小ネタや言葉の仕込みはそのままなんだけど、今回のテーマは“家族”だと思うんです。
ラストでは思わずじわっときてしまいました。

ぐだぐだな生活を送る借金持ちの大学生が、借金取りに「東京を一緒に散歩したら百万円」と言われ、東京を散歩しながら自分の過去を振り返ったり、振り返らなかったり。
借金取り役の三浦友和さんがすげえいい味出してるんですよ!
家族を知らない青年が擬似的かつ制限付きの家族をする所は本当に良かったです。

しかし、三木作品のキモはやっぱり小ネタだと思うので、直接見た方がいいですよねー。
もやしもん好きな人は好きそう。
私は岸辺一徳ネタがたまらんかったです。


で、次。「真・女立喰師列伝」
オムニバス形式の女の立喰師に纏わる6つの話。
いや、何気に良く出来ててどの作品も良かったです。
私がいいと思ったのは「金魚姫 鼈甲飴の有理」と、「荒野の弐挺拳銃 バーボンのミキ 」「歌謡の天使 クレープのマミ」「ASSAULT GIRL ケンタッキーの日菜子」でした。
「金魚姫~」は幻想的な映像美と一人語り的な感じとラストが凄く良かったです。金魚って凄い刹那的な感じしますよね。
ウチで飼ってた金魚13年生きたけどね。
「荒野の二丁拳銃~」はおバカな事をノリのみでものごっついまじめにやっちゃってすげー!見たいな。ばんばん撃ち合いするのですがちゃんと銃の特質ごとに貫通速度やら音やら発射音が違うんだぜ!バカだな!すげーな!
「歌謡の天使~」は昔のアイドルブームに乗せた架空の昭和史なんですが物凄くそれらしい嘘っぽさがたまらん。小倉優子はマジで彼女しかいねえ!的キャスト。
「アサルトガール~」はまあ、私佐伯日菜子さんの大ファンな事もあるんですが、すっげー短いのにコスチュームデザインといい、メカといい、すげーの。
何この作り込みよう。そしてオチがまたスゲーの。

押井的架空の昭和史はまた増えるのでしょうか。



そうそう、和井のサイトのリボ&ネウロコンテンツですが。
・・・・・・・・・進まねえ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
そんで、オリジの方もそろそろ続き書きたいんですが・・・・・・・5周年記念までには!!!


今日の一曲:樹海「ヒメゴト」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/529-0a2d878b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。