上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんはー。

今日は京都行って参りましたー。
欲しいCDがあったのでタワレコ行ったんですが、いやー、マジで欲しいのが多すぎです。
いや、我慢しましたよ?(笑)

そのあと、chunさんと映画『潜水服は蝶の夢を見る』を見てきました。

すっっっっごく、良かったです!
これは傑作ですね。
監督のジュリアン・シュナーベルは『バスキア』を見た事があってそれも凄く良かったのですが、今回は特に映像が素晴しかった。
“閉じこめられた”状態で目覚めた時の、状況が解るまで主役であるジャン=ドミニクの視点をなぞったカメラワーク、そして素晴しく美しい映像。
こういうのを日本で作ると妙に感動ものになっちゃうんですけど、ある意味フランスらしい突き放し方とユーモアとだからこそ出来る客観的な見方。
だからこそ、ここまで感動出来るんだと思うのです
左目の瞬きだけで、相手の読み上げるアルファベットに合図して綴りをつくり、単語・ワンセンテンスを完成させるという気の遠くなりそうな作業ですが、彼はそれでも最後まで諦めなかったんですよね。
根性すげーな。後周りの人もスゲー。

ジャン=ドミニク役のマチュー・アマルリックの演技も素晴しかった。
殆ど動かず、麻痺者特有の状態とそれ以前の状態を演じ分け、そしてモノローグの妙が素晴しい。
綺麗な感情だけじゃないのに、だからこそ、発露する愛情に涙しちゃうんですよね。
つか、マジで私涙腺弱いんだもんー。


とにかく、良かったです!


▽▽拍手レス▽▽
itouさんー。
こちらのおうちも猫アンドオリぜーですねー。
あれ、マジででかいの!置き場所に困ってますよ。いや、可愛いけどもー(笑)。
ロッキンオンの雑誌『H』とか、ハナコ関西版とかでもやしもんの作者の石川さんがインタビューに答えてて読んだんですけど、石川さんが沢木にそっくりでびっくりしますた。


今日の一曲:WITHIN TEMPTATION 「Howling」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/571-96181b83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。