上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、こんばんは。
冷蔵庫の野菜室の水抜きから茶色い汁がこぼれているので「??」と思ってふきんを手にして片付け始めてたらいつの間にか古ネギの上にキャベツのその他が乗っかっていて圧されたネギが腐って汁でてました。
ぎゃー!!
野菜室が一番下についてる古いタイプの冷蔵庫なもので物凄く下までチェックしてなかったんですよ。反省。


さて、本日『空の境界』五章、満を持して見に行って参りました!
初日に行った知り合いがすごく混んでてチケットが取れなくて、と言ってたので早めに行ったんですけど、思ったより混んでなくて良かったです。

太極の倣いに従った作りでどんどん視点が変わる&時系列がバラバラなんで、原作読んでない人はついてきにくい感じだったかも知れませんが慣れるとバラバラの視点からだんだん突き詰めていく那須きのこ視点そのものなんだなあ…良く映像化したなあこれ。的な感慨がなおひしひしと。

やっぱ、特筆すべきは式のアクションと荒耶の結界の表現だと思います。
式のアクションは兎に角独特なので今回の足技と空中戦はどうなるんだろーなあ、とか思ってたんですがこうなるか!みたいな。
刀アクションでああいうのは少ないなあ、と思ってよく考えたら着物で刀アクション自体が先ず無い事に気がつくww

ストーリー的にははしょりまくりで、まああの原作を全部やったら物凄い説明シーンばっかりになっちゃうだろうけど、でも荒耶が何故式を狙うのかっていう根元的なところが少し弱かった気がする。
もう少し説明しても良かったかも。
あと、シーンがどんどん入れ替わるのでついて行くのに必死だったしww

でもエミヤさんちの…ゲフンゲフン、臙条巴のありようと家族愛で泣きそうになりました。
原作では差程でもなかったんだけど、もう…なんかね、切ない。巴、切ない。いい子だよ!
消えゆく巴と式の目が合う場面。そして式の中の根源の中で式と巴、式と幹也、記憶が抽出されていく場面。
切なすぎる。
あと、巴。そんなにハーゲンダッツ食べたら糖尿になると思う。

しかし相変わらず結構エグかった…。巴の腕がもげるシーンなんか、血肉の中に歯車が…。
そして悪辣に嗤う燈子さん…かっこいいです。惚れます。
いつまでも無敵な貴女でいて下さい。

しかし、これ見た後カラフィナのEDソング「sprinter」に入るんですよ…。
巴視点の曲ですよ…泣きますよ…。
更に畳み掛けるようにテロップ後、幹也に照れながら「オレ、お前のうちの鍵もってない」っていう式が…可愛いですよ。何この無敵な可愛さは。

六章、七章へと畳み掛ける準備は整った、って感じです。楽しみだなあ。



今日の一曲:Kalafina「sprinter」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/691-ec6cc1f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。