上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんにゃー。和井です。

いやー、やっとバラの冬作業が完了しました。
例年に比べて随分かかっちゃって…。天気に恵まれなかったんですよねえ。
変に温かったし。
消毒も済ませたし、後は春まで様子見です。

去年は猛暑とハダニとオンシツコナジラミに悩まされました。
ので、今年はきっちりと、頑張るつもりです。
まあねえ、ちゃんと葉水してればそれほど酷くはならないのですが去年は一週間半程夏インフルで寝込んでる間に凄いことになってたんですよね。
なんと言いますが、うちのベランダは植物にとってあまり環境が良くないのです。
照りつける西日、エアコンの室外機、コンクリートの照り返し、日照のまだら状態。
いわゆるベランダ園芸の人なら誰しも悩む所ですねー。
葦簀を買い込んで日当たりの時だけ囲ってみたり、葉水を必ず週数回はしてみたり…。
因みに普通、植え込みで育てている場合、そこまでしたら黒星病になってしまうんですけど、凄まじい乾燥状態のベランダは大丈夫なんですよ。一時間で乾きます……。
今年の秘密兵器は去年から仕込んだ唐辛子木酢液と唐辛子焼酎です!
勿論そのまま撒いたらハダニも死ぬけどバラも死ぬので50倍~100倍に薄めます。
期待したい…。

しかし去年から、高温多湿な日本では散々悩まされるウドンコ病・黒星病・その他菌類による病気はや悩まなくて済むようになりました。
その名も、「目には目を、菌には菌を!ハンムラビ大作戦」です!

着想のもとがですね、去年朝ご飯の後を片付けていた時、納豆のねばねばをガスレンジに零してしまったことでした。
いつもとても困る油汚れが納豆のねばねばに触れたとたん、一瞬でぴかぴかになってしまったのです。
「凄!納豆凄!ナットキナーゼ凄!」と思った私はひらめいた。
菌には菌で対抗したらよいのでは?
で、皆さんもやしもんでお馴染み、オリゼーと酢酸菌の登場です。
何でかというと手元にあったのがそれだけだったので…。
母上の実家で作っていっぱいくれるお酢は火入れもアルコール添付もしてないんで冷蔵庫に入れないと凄い勢いでかもしが進んでダメになっちゃうんですけど、代わりに水で薄くして密閉して常温に置いておくと凄い勢いで酢酸菌が増えます。
ので、それを薄めてそれだけだと葉っぱに定着しないのでこれまたうちで廃油で作った台所用石けんを薄めてちょっとだけ入れます。
で、スプレーで撒くだけ。
勿論数回撒かなければいけませんが、これが劇的に効いたのです。
消えました。病気が。あのしつこいウドンコが。
すげー!!
ちなみに酵母も試しました。効きました。
これは天然酵母パンを作る時と基本は同じで後はこれまた薄めてかけるだけです。
酢酸菌に比べて見た目が悪いですが、洗い流せば全然問題ありません。
ケフィア・日本酒のかす・干しぶどうなどから取り出せます。詳しくは天然酵母でググってくださいな。

なので今年の兵器はアグリチンキ(高いー!)とこれまた母上の実家から貰った大量の乾し唐辛子を使った唐辛子焼酎と唐辛子木酢液です。
これは上記の親戚の農家で「効くよー」って言われたので。
あと籾殻と米ぬか。土にほんのすこーし籾殻混ぜるといいっていうのと米ぬかをほんのすこーしだけ肥料あげる時に混ぜるといいっていうのも教えて貰いました。
ただ、米ぬかはちゃんと土に混ぜないと土が硬くなるのと、あげすぎると中で発酵して発酵熱で根が傷むそうですが。
効くといいなあ…。
別に無農薬にこだわりはないんです。
でもペット可の集合住宅でうちも猫2匹・犬1匹いるのであまり使いたくないんですよねー。
あんまり酷いとオルトランとか使うし。
去年はコガネブイブイが成虫も幼虫も凄く酷くて、これはジックニームが効きましたー。
ニーム撒いた鉢と撒かなかった鉢では劇的な差が出たので。

がんばろう!!



今日の一曲:天野月子「翡翠」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/796-afbdc081
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。