上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どもども、和井です。

今日は朝寝坊してしまいちょっとびっくり。最近よく寝てたのに…。

そんな感じですが劇場版「交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」見てきた!!
レディースデーのせいもあるだろうけど、すっごい混んでてかなり前の方で見たので見づらかったですが、それでも開始20分で先ず泣きました。
それから30分おきに泣いてました。
もうダメ…私ああいうの凄い弱いねんもん…。

エウレカのシステムと登場人物を使った完全な新しい物語でしたね。
しかし、物凄く良くできてたと思う!!あんなに綺麗な終わり方されたら完璧ですよ。
まさか二時間であそこまでの世界を描き切っちゃうとは思わず…。凄すぎる。
レントンが熱い。エウレカが可愛い。そしてアネモネとドミニクがとんでもなくかっこいい。
今回、アネモネとドミニクが一歩引いた観測者的視点でかつラブラブでしたwww
ドミニクかっこえええー!!
その分やられちゃったのか月光号メンバーとホランドのヘタレぶりが余りにも目立ちすぎてちょっとorzですがwwwww
でもよく考えたらホランド、テレビ版でもかなりヘタレだったわwww
「タルホの未来がオレの未来」ってかっこよく聞こえるけどよく考えたら自分の未来をタルホに丸投げしてるだけだものね。かっこわるいわー。

でも一番のかっこよさは語り部であったコーダかも。レントンとエウレカは当事者だから、語り部じゃないんですよね。
だからこそ、アネモネとドミニクは2人にではなくコーダに新たに語られるべき物語を託した。
レントンとエウレカはお互いのためにお互いを救う。人類を救うのは人類。ある意味、突き放した感じだけど、正直中だるみしたテレビ版にはない真実だと思う。

そして、極限の中、あのセリフ「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん」が叫ばれる。
熱い。熱すぎるよ。
そしてかっこよすぎるよドミニクww

・・・・・・・・・・・・・・・ああもう、ダルダルだわー。
すいません、凄すぎてまだ頭整理できてないです。
絶対もう一回見に行きます。

しかし、エンドロールを最後まで見ない事で定評のある大阪人は誰一人として席を立ちませんでした。そして真のエンディングへ。

しかし…ある意味量子論の波動関数とアインシュタイン・ローゼンの橋理論が出てくるし、テレビ版のアレも出てくるし、ばっちりパラレルワールドの話なんですよね。
テレビ版を完全肯定の人はどうなのかな。私はとても好きでしたが。
あと、ニルヴァーシュ可愛いよニルヴァーシュ。
エンディングの元スーパーカーの中村弘二さん現在iLLの「Speac Rock」は鳥肌立ちますな。
私的には「Call My Name」が良かった気がするが、アレはもう他で使われちゃってるからダメだったのか。

うーん…整理付くまで時間がかかりそう。絶対もう一回見るよ!!

□追記□
あとで整理し直した覚え書きをxaviさんへのコメントにつけたのでネタバレOKの方はコメントも見て下さいな。




今日の一曲:iLL「Speac Rock」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/840-f60c75e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。