上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんはー、和井です。

今日は買い物に行ったついでに今更だけどヱヴァンゲリヲン破を見てきたよー。
やっぱすごかったっす。前評判良かったから、普通に愉しみに見に行ったけどいやはや。
考察サイトはたくさんあると思うんで、細かい考察はそちらに任せるとして、一番思ったのは技術の進歩とTV版に比べてすごくマトモになったなあ・・・・・・・つうこと。
いや、TV版がマトモやなかったゆう訳やないのです。
ただ、エンターテイメントとして非常に安定したおもしろさとテンションを保っていると感じたわけで。
まあ作ってる人も13年経ってるわけなので、内面的にも安定してるでしょうしねえ。

序に比べてストーリーのなかに転換点がいくつもあって、私としては少々詰め込みすぎの感もあったけど、あの圧倒的なラストを考えるとあの尺のなかで上手く納めてそして最後の最後、彼の登場シーンを圧倒的にするためにはアレで良かったのかな、とか。
全体的に、キャラもそうだし、町並みのなかの人々、世界情勢なんかも入れて視野が広くなった感があります。もうセカイ系って感じはあまりしません。
シンジもレイもアスカも普通の子だし、大人たちもなんだかんだ言って自分の事情のある普通の人。
その辺が余計、ストーリーの広がりが出た理由かもです。

そんでもって使徒の登場シーンがいちいち圧倒的すぎ!!すごすぎ!
いやー、技術の進歩って凄いわー。そしてスタッフ凄いわー。
もう、ガンガン動くんだもん、絵が!
エヴァの圧倒的に有機的な感じと使徒の無機的な感じが対比を描いてて、すげー良かったです。
エヴァってかっこいいけど気持ち悪いんですよね。それが最後、シンジのエヴァがレイの為に無理矢理エヴァ動かすとき、どんどん無機物化してく感じがすげー、逸脱、ってかんじ見ててわかりやすかった。
あと、街並みがスゲー未来っぽくて要塞都市然とした街と昭和っぽい懐かしい町並みが一緒になってるのがとても面白い。

カヲルくんがゲンドウを父親と呼びかけたり、セカイを逸脱しようとしたシンジとレイをつなぎ止めたりしたシーンの台詞とか見ると、「ループかパラレルなのか」っていう意見が圧倒的だと思います。
レイがつなぎ止められなくてああいう事になったのが前回のエヴァだし。
レイをつなぎ止めた結果としてアスカがとんでもないことになったけど・・・・・・・。
しかしループ世界とかパラレルワールド流行ってるなあ。面白いし広げやすいからわかるけどさ。
新キャラであるマリが新劇場版につなぎ止めるためのポイントだとしたら旧エヴァにつなぎ止めるためのポイントがカヲルなのか。


しかし、一個突っ込みたいんだ。
なんかさ、破壊された3号機見て思ったんだけどいくら外側が外骨格みたいに補強されてるとはいえ、あのでかさを支えるには関節が足りないと思うんだよなあ・・・・。
ほんでもってあのでかさであの俊敏な動きに対応すると先端は音速越えするだろうから凄まじい音がするだろうし、根本を相当早く動かさなきゃいけない事になるわけで、人間が動かすには少々ムリが無いすか。大気圏内であのでかさを動かすともっとゆっくりじゃないとムリっぽい気がするんだ・・・。
ノープロブレムですか。そうですか。


とりあえず「今日の日はさようなら」がトラウマになりそうです。
私、あの曲には縁があるのでな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・orz




今日の一曲:Bullet For My Valentine「Scream Aim Fire」

Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/880-311fcd9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。