上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはこんばんちは、和井でッス。


ずっと見たかったのだけど、体調とか時間とかで見られなくて今日やっとすべり込みでクエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』見てきましたー。
ついでに東宝の会員になってきた。
なんか、明らかに元とれそうだったし(笑)。

また明らかに好き嫌い別れそうな作品ですねー。
でも私はすっごく、面白かったっす!!
最近タランティーノ監督おもいっきしB級シネマ方面に走ってて、それはそれで私B級好きなんでいいんですけど、昔のサスペンスなんだけど思い切りねじれたストーリーや人を食ったような展開(褒めてます!!)好きなんですよ。
このノンストップな突っ走り具合やキャラのキレ方は昔の『レザボア・ドッグス』や『ジャッキー・ブラウン』に通じるものがあるかも。
実は上記2作品、高名な『パルプ・フィクション』より好きだったりします。
ナチス・ドイツっていうネタを扱うのはどうなんだろう・・・・・・って思ってたんですが、キャラはかっこよくていい感じに阿呆でイカれてて良かったです。
ブラピ、年くってきてからキレキャラよくやるようになって私かなり好きですwww
でも、ヒロインの1人で美貌のスパイ役のダイアン・クルーガーとナチス将校役のクリストフ・ヴァルツがスゲー良かったですわー。
D・クルーガーの絶世の美女ぶりとC・ヴァルツのキレぶりすごい良かったです。願わくば、もっとスパイに出番があれば・・・・・・。
最近某「ジョーカー・ゲーム」読んで以来スパイにハマってるんすよ~(えー)。
そんで、ラストはメラニー・ロランのあの美しさがあってこそ、ってかんじ。
美少女、いいよ・・・・・・。最高だよ・・・・・・。
やっぱ役者使うの上手いわぁ、この監督。

あと、よくあるアメリカ映画のアレ、アメリカ人だろうがフランス人だろうかドイツ人だろうかスペイン人だろうが全員英語喋るってもの無くて良かったです(笑)。あれ、冷めるんですよねえ・・・・・。
語学に通じてたらもっと面白いんだろうなあ・・・・・・・・・・。

ぐるぐる回る群像的展開とサスペンスも勿論すごく面白かったんですけど、私はオチでニヤリとしてしまいました。
劇場で見られて良かったです~~。
すっげー混んでたのになんで冬休み被ってる&万人受けはしないからって一ヶ月ちょいの上映期間なんだろ。
絶対勿体ない!!人入ってるぜーー。



今日の一曲:ALL ENDS「Still Believe」
Secret

TrackBackURL
→http://kazuix.blog17.fc2.com/tb.php/952-5a7b85c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。