上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんはー、和井です。

台風一過!って感じじゃ全然無いんですけども・・・・・・・、今日は映画見に行ってきましたよ。

T・バートンとジョニデの黄金コンビ、『ダーク・シャドウ』。
期待してた人もかなり多いと思うけども、私もその一人です。
吸血鬼ものと言われると見ないわけにはいかない!っていうか、もう。

内容的にはいつものアレ!って感じで、安定のおもしろさ。
キャラも濃いしね、相変わらず。
男性が基本、だめんずで女性は強いか清純派美女なところも。

ジョニデ演じる良家のぼんぼん、バーナバスを吸血鬼に変えちゃった張本人でこの映画の安定の悪役、魔女のアンジーが私は一番好き。
どんなに袖にされても脅したりすかしたり誘惑したり無双したりしちゃうところとか。
つか、この映画、女性ほんまに強いわ・・・・・。
悲劇のヒロイン、実は勝ち組なジョゼットもすげえ執念だしwwww
あと、クロエ・モレッツちゃんはどんな場所でもどんな役でも無敵の可愛さですわ。
バーナバス、ダメダメwwwww

なんか、また続くっ!な引きだったのですが。
ブラッドベリ的な一族ものとしてやって欲しいですね。

しかし・・・・・・・、どうしても物語的な弱さも感じちゃうのも事実なのですよ。
1970年代というおもろい時代に蘇った吸血鬼の一族復興奮闘ものとしても良かったし、ラブロマンスとかVS魔女も微妙に弱かったんだよなあ。
原案のテレビシリーズでやって欲しかったな。
多分尺が足りなかったんだと思うんですよ。焦点を絞りきれなかったというか。
バートン・ジョニデコンビはもう、ファンは「次はそんな奇抜なことを!?」って期待しちゃうからついついびっくり箱状態というかネタ重視になりちというか。

この弱さを次に生かして欲しいですねー。




今日の一曲:スガシカオ「真夏の夜のユメ」
こんばんは、家で食後にボンヤリとヘルレイザー2のDVDを見ていたら帰ってきた家人に泣かれた和井です。

雨ばかりで気が滅入る上に、気圧的な問題で頭が痛くなるので、早く五月晴れ到来してくれませんかなー。とか思ってる今日この頃です。

溜まってたアニメとドラマ見てます。
今期は力作が多いですねえ。

『つり球』
中村健治監督にOPフジファブリックって最強すぎるやろー!的な。
不可思議中村ワールドでした。
毎回思うけど、中村ワールドは絵とか美術とかすごすぎですよねー。
シャフトとはまた違う異世界感というか、現実感の齟齬というか。
アレはかなり好きです。
4人が4人とも強烈で、自称宇宙人な釣り好きとか、緊張に弱いテンパリ系男子とか、謎のインド人とか、硬派釣りマニアとか。
意味深なアバンだったので、”釣り”から如何に”地球を救う”になるのか、めっちゃ楽しみです。


『坂道のアポロン』

音楽がテーマのアニメで監督・渡辺信一郎、音楽・菅野よう子っつったらやっぱ気になりますよね!
一話目はあまりインパクトはなかったのですけども・・・・・。
あ、でも音楽はやっぱ最高でした!!
普通に青春ものですねー。
あと全体に漂うレトロさが上手いなーと思ったり。

『さんかれあ』

ゾンビ萌え男子とゾンビ少女のちょっと変わった萌えアニメ、とか思って見始めたらかーなーりー、重くてディープで軽い気持ちで見始めた自分を呪いたくなったり・・・・・。
いや、そんなことでこのゾンビ好きな私を引かせることは出来ないのですけども!!
でも、ゾンビで良いから飼い猫がよみがえって欲しい、とか思う気持ちは分かるんですよねえ・・・。普通実行はしませんがwwww
ばーぶちゃんかわいいですばーぶちゃん。
因みに萌えとゾンビは両立すると思います!!

『エウレカセブンAO』
前作も映画もめっちゃハマッたんで!ガッツリ見てるのですけども、とにかく謎また謎で何が起こってるかさっぱり分からない、寧ろ前作の続きなのか、前日譚なのかすらわからず。
・・・・・・・・・そういえば前作もそうでしたね・・・・・・・・。
アオはどっからどう見てもコーラリアンだし、運び屋たちが運んでいたのはコンパクドライブでしたし。
”おかえり、エウレカ”って言うことはやはり後日談なのか・・・・、でも普通に日本とか沖縄とか出てきてましたねえ。
うーむ、気になる・・・・・・。
しかし、ナカコーの音楽はやっぱり最高ですよ!
是非ともスーパーカーやiLLの音楽も使って欲しいなあ。


番外・ドラマ編
『都市伝説の女』
推理とトンデモネタという組み合わせが最高すぎるドラマ。
長澤まさみが主役というのでちょっと不安だったのですが、見事にはまっててよかったなあ。
都市伝説オタクが美人なのがよいです。



今日の一曲:フジファブリック「徒然モノクローム」
こんばんは、和井です。
桜ももう終わりですね。
私は八重桜が好きなので、まだまだですけども。


新番組、チェックしてるんですけど・・・・。
いやー、録るだけ取って放っておりましたなー。
最近見てるようであんまり見てません。
見たのは消さなきゃなのですが・・・・・。
そして一話を取り逃したのが結構ありました○| ̄|_

見た分からぼちぼち。

『ヨルムンガンド』
一話から飛ばしてましたが・・・・・・・、ブラクラにはない、割と現実的やばいネタ(いや、武器商人ネタで十分ヤバいんですが)が結構ぼかしてあって、当たり前ですがちょっと残念かも。
少年兵とか。某国ネタとか。
あとちょっと、微妙に絵が荒い気がするんですよねー。
Fate14話とか、何この劇場版。何このドッグファイトの無駄な凝り様は!なってましたからね!
動きが全てみたいなアニメなので、ぬるぬる動かなくていいので疾走感は出して欲しいですねえ・・・。
ヨナくんはかーなーりー、可愛かったです!!
原作通り掘り進めていくならどうなるのかな、尺絶対足りないよね、って思ってたら、分割2クールなんですね。
安心安心。

『しろくまカフェ』

無駄な声優と技術の無駄遣いアニメ。
ほのぼのに見せてほのぼのじゃないギャグというより不条理チックでかなりツボです!
動物たちめっちゃかわいいんですけどね~。
不条理さが勝というか。
でもこれ、やる時間明らかに間違ってますねwww
子供見ないでしょう、これ・・・・・。
私は大好きですが。

『這いよれ!ニャル子さん』
名状しがたいラブコメディのようなもの。
混沌より這いよるギャグアニメ。
素敵すぎます。これを深夜とはいえがっちり再現してくれるとは思わなかったなあ。
クトゥルフネタもなんですけど、やりずらそうなネタを次から次へとばしばし投入してくれるテンポが最高な、つうかこれ大丈夫?的な、そんなネタも迷わずにやってくれる。
ギャグなのに、滅茶苦茶動く。絵が動く。
今期実はもっとも期待するアニメですwww


今日の一曲:フランツ・リスト「鬼火」
こんばんは、和井です。

なんか、喘息は治ったんですけど、腰痛はしゃきっと改善はしないんですよねー。
姿勢が悪いのかなー。

昨日、やっと、やっと『ヒューゴの不思議な発明』見てきましたよー。
実はマイルたまるの待ってたんですよね。3D映画は割引きかないけど安く見たいのでー(笑)。

いやー、面白かったですよ!
この映画のテーマである、”映画の魔法と凄さ”を体現してました!
少し前のフランス。
駅の中で時計のねじを巻いて暮らす、親のない少年ヒューゴと彼と彼の父の自動人形との不思議でちょっと哀しい、でも楽しい物語。
舞台がいいんですよ!
大きな時計台、ねじ巻き時計、駅の壁の中、自動人形。
これだけでも私は悶えられますねえ。

舞台装置が凄い細かくて、小さな小さな螺子のひとつや、油差しなんかもこまかーく描写してあってすごい良かった!
ヒューゴと出会う文字通り少鍵を持つ少女イザベルちゃんが、『キックアス』に出てたヒットガールちゃん役クロエ・モレッツで、表情が滅茶苦茶可愛くていいんですよー!
本好きが高じてちょっと色々発想飛んじゃう女の子、っていうのが、ねー、かわいいの!
舞台装置も細かくて良かったんですけど、役者もすっげー豪華で、みんなキャラが立ってて良かったなー。
児童文学原作ならではの楽しさを表現できてたと思う。
これもスコセッシ監督のこだわりみたいですね。

ヒューゴと彼の自動人形から巡る映画の歴史と映画の物語として、これを見ると昔、映画館に入るとどきどきしはじめて、見終わるとまるでその映画の主人公になってしまったような気がしてた頃の気分を味わいたくなります。
確かにDVDやBDは便利だし、安くて面白いけど、ちょっと違うんですよ。
映画館で見る映画の、入って座ったその時から何にでもなれてしまうっていう凄さは体験しないと分かんないです。
そして本当に好きな、面白い作品に出会わないと。

ちょっと話はずれますが、家で映画見るならコニー・ウィリスの『航路』に出てきてた”映画の日”ってのをやってみたいんですよねー。
友達と一緒に金曜日に映画を見る、って言うヤツなんですが、
映画の前に映画館で売ってるものしか用意しない。部屋は暗くして、出来れば大きい画面で、画面の前にソファを据えて。
まあ、要するに映画館ごっこなんですが、これ、映画好きな親しい人同士でやったらほんと楽しいだろうなあ。
是非やってみたいです。
航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)
航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)コニー ウィリス Connie Willis

ソニーマガジンズ 2004-12
売り上げランキング : 263719


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

航路〈下〉 (ヴィレッジブックス)航路〈下〉 (ヴィレッジブックス)
コニー ウィリス Connie Willis

ソニーマガジンズ 2004-12
売り上げランキング : 222908

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今日の一曲:amazarashi「古いSF映画」
和井です、こんばんはー。

続くと言っておきながらこの間の空き方は何なのか。
ただ単なる怠慢ですごめんなさい。


今日は病院でした~。
土曜日に外耳炎になって、今日、行きつけの病院に改めて行ったら、非定形型抗酸菌症という長くてよく解らない病名を授かりましたよ。ッテッテレ~。
結核に似てるけど結核じゃなくて、肺以外もいらんコトしてくれる菌らしいです。
お薬貰ってきた~。
長丁場らしいので、ゆっくり治します。体力!体力!
タンパク質と野菜果物!ってめっちゃゆわれたので、しばらく外食ダメですねー。
肉が多ければいいのかな?
魚はちょっと怖い・・・・。
あ、他人にはうつらない病気らしいので。それは良かったです。


さて、前置きが長くなってしまいました。

第2弾ですー。

『アクエリオンEVOL』

梶くんほんと人気ありますねえ・・・・・・。巻き込まれ型主人公って言うと彼が出てくる気がする。
それは兎も角、ノリがアクエリオンでした・やっぱりアクエリオンでした。
帰ってきた感が素晴らしい。
こんなに、あー、○○!○○だ!てなるアニメは最近珍しいですよね。
初回の衝撃も勿論なんだけど、前作から一万二千年(!!)経ってるって言う設定なのに、何故あの人が出てきてんの、とか思ったら、あれですね、。転生してるんですね。
不動さんとクレアちゃんの他にも、前作のキャラがいろいろ出てきそうと監督がゆっていたので、凄い楽しみです。

『偽物語』
前作より原作が長めの感じでテンポが遅いので、どーなんのかなー、とか思ってたら、さすが、会話のテンポでやっちゃってますね!
相変わらずこの世界観好きだわー。
そのままやると前作より相当えぐいコトになりそうですけど、演出をどうするのかが本当に楽しみ。
っていうか、このシリーズは本当に美術も絵も綺麗なので、見てて凄い発見があります。
アニメというひとくくりは難しいよ~。
私は、月火ちゃんと、そして、そして、泥舟さんが大好きです!!
原作にはあんまり泥舟さんの描写が少なかったので、サイトのキャラデザ見てしびれましたよ。
こうきたか・・・・・・!と。
とにかく泥舟さんと忍ちゃんの対決(??)たのしみです。


『あの夏で待ってる』

他をあんまり見てるわけではないのですが(裏番組と重なるから)、今期はSFとロボットが多いですねえ。
良いことです!!(ドーン)ロマンですよ!!
『あの夏』はその中でもベッタベタのラブコメで、青春でありながら、SF色が強い気がしますねー。
じわじわくる感じと、今冬だけど夏なイメージが良いです。
もーねー、小道具とか風景とかがいちいちノスタルジックで良いのー。
そんで絵がかわいくて良く動くんですよねー。
オトコノコたちもいいですー。
じわじわくる素晴らしい作品の予感。

『男子高校生の日常』
なんで、女子高校生の日常を描いた作品って沢山あって、で、女子高生たちはぽわぽわして良い匂いがする感じがするのに、男子高校生だとしょっぱくなるんでしょうか(笑)。
女子高生も結構あれだけどね~wwww
ギャグなんだけどテンポと間が最高で、今期一番面白いギャグアニメと言って過言ではない!

しかしノリとキャストとスタッフと監督が、銀 魂 です。



☆番外 ドラマ編☆
『くろねこルーシー』
黒猫の魅力が120%でてる。
黒猫たまらん黒猫。
じんわりするゆったりしたドラマ展開もいいんだけど、黒猫たまらん黒猫。
キャストもいいんですよね・・・・。

『ステップファザー・ステップ』

原作が好きなので、ちょっと心配だったんですけど、コメディ家族(?)ドラマであり、かつ一話完結の推理ものとしてはいいのじゃないか、と。
つか、よくこの双子見つけてきたな!と言うのが最初の感想でしたwww
結構昔の作品なのに、現代風且つホームドラマ風に上手く換骨奪胎したなーというのが正直な感想。
上川さんかっこいいよね上川さん。
つか、いつの間にか原作文庫版が表紙イラスト荒川弘さんになってるー!!
私のは違うよ!?
荒川弘バージョンの表紙のやつ欲しい!
ステップファザー・ステップ (講談社文庫)ステップファザー・ステップ (講談社文庫)
宮部 みゆき

講談社 1996-07-13
売り上げランキング : 156

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日の一曲:amazarashi「アノミー」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。