上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、和井です。

アレルギーが悪化して、病院行ってました。
血液検査で杉花粉のスコアが凄く高くなってました。
秋頃、杉花粉飛んでるっていうの本当だったんですね~~。へっくしゅい。


久々の本レビューですー。

『大正二十九年の乙女たち』――――牧野修
大正二十九年の乙女たち (メディアワークス文庫)
架空歴史物の中では少し異色の作品。
牧野修だし。
でもその中で生きる少女たちが凄く輝いていて、素敵でした。
どこでホラーが出てくるか、出てくるか、と思ってたけど、出てきませんでした(笑)。
起こる事件の特殊性とかは牧野さんらしかったけども。

戦争を間近にした、大正二十九年の”逢坂”。その逢坂で、美術学校に通う四人の少女たち、それの視点から見た、時代と事件と”美”。
四人それぞれの個性が輝いていて、とても良いのです。
ああ、青春ってこんな感じだよね・・・・みたいな。
小説内の大阪弁と逢坂(大阪)の町も古き良き、今はもう無くなってしまった大阪の匂いがして、良かったのです。


『ル=ガルー2 スクブス×インクブス相容れぬ悪魔』――――京極夏彦
ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔<講談社ノベルス>
前作からめっちゃ経ってますが、第2弾。
出ると思ってなかったので嬉しさ七割、不安三割でしたけど、面白かったです!!
そして、京極作品に共通する、作品間のリンクですが、とうとう!
占いゴスロリ娘・雛子ちゃんの持つ”透明な猛毒”で「あれ?」って思ってたんですけど、『邪魅の雫』で全て語られなかった背景とか、血族間のあれこれとか、これ読むとしっくりしました。
ので、もういっぺん引っ張り出して読んだわけですけども、『邪魅~』。
凄い時間経ってますけども、両方とも(笑)。
前作の最後でちらっと出てきた来生律子が今回の中心。
彼女の”普通さ”がキーワードですね~。

でも前作のキャラもバンバン出てきて活躍してくれたので、嬉しかったですね。
特に天才ぶっ飛び少女美緒。
なんか、京極堂シリーズからの未来なら、もしかしたら榎木津家の子孫なのでは・・・?とか思っちゃいますが。
そんで、前作では美緒の使ってた火を噴くカメのモチーフが、今回はバッタの改造人間になってました。
京極さん、絶対ノリノリで書いてるよね!(笑)

第3弾はまた10年後でしょうか・・・、その頃には現実の方が追い越してる気もする・・・。



『愛についての感じ』――――海猫沢めろん
愛についての感じ
文字通り、愛についての、痛くて綺麗な5編の断片。
それぞれ、発表された場所は違うものの、その、愛についてのそれぞれの不器用さは変わらなくて。
恋とか青春とかラブロマンスとか、甘酸っぱいものの仮面をかぶった痛々しいものの、そのずっと向こう側のはなし。
みんな孤独で、寂しくて、でも寄り添えない人たちの心を海猫沢めろんががっつりと描いちゃってる感じです。
なんかこう・・・綺麗なロマンスを読みたい人には全く向かない気もしますが、それでいて、どちらかと言えばアングラなもの(ヤクザ・性同一障害の彼女と向き合おうとする童貞・育児放棄された兄妹と孤独な男)といったものを描きながら、入り込みやすい世界はその愛のかんじからくる綺麗さなのかなあ・・・とか思ったりします。
装丁が市川春子さんのパステルカラーの綺麗な装丁なのでうっかり本棚の一番よく見えるとこに飾っておいたりして、で、うっかり知り合いが「へー、恋愛もの読むんだー、珍しー」とか言ってぱらぱらめくってみて(私は恋愛ものはほとんど読まないので)、そんで、「え・・・・・?」とか思われたら凄く厭なんですけども!けども!
素晴らしい小説なので是非是非沢山の方には読んで貰いたいわけですよ!!



今日の一曲:カミナリグモ「ブラインドフォトグラファー」
こんばんはー、お久しです、和井です。
最近もっぱらツイッターだよ!ほったらかしですいません。

毎年恒例の夏バテにかかっておったわけですが、読書が進んだかというとそうでもないんですなあ~。
困ったもんだ・・・・・・。
本沢山買ってはおるのですが、積ん読を着々と溜め込んでる感じです。最近は文庫も昔の名作の新訳版とか結構出してるのでそそられるんですよね。

そういえば梅田は曾根崎の旭屋書店が今年の末でいったん閉めるそうですね。ビルの建て替えだとかで。
小さい頃からあそこは大好きだったので・・・・。ちょっと寂しいです。昔は梅田も今ほどいろんな店無かったし、階ごとにあらゆるジャンルがそろっていたのでワンダーランドでしたなー。
でも実際老朽化が激しいので、ぴかぴかビルになって帰って来るのが楽しみです。


前置きが長くなってしまった・・・・。本れびゅです。

『少女禁区』―――――伴名 練
少女禁区 (角川ホラー文庫)
角川ホラー大賞作品。
2作品収録ですが、表題作が凄く好みで!
黒衣の少女、呪い、閉鎖した村、異世界と、和井のツボをこれでもか!と押してくれる作品ですよ~~。
ホラーって思って読むと「???」ですが、二つの少女の有様が南国の果物のような濃厚さで迫ってきます。
特に、表題作は、呪術を基礎にした異世界の、一人の少女の有様を語り口調で語られていくんですけど、一つ一つが肌に迫ってくるって言うか、五感で感じちゃう感じがとても良かったです。
短編な上に、ネタバレっちゃうからあんまり書けないのがもどかしいですが、白と赤の蝶のシーンが滅茶苦茶良かったです。
映像にして欲しい。
おすすめ!


『琉球怪談―現代実話集 闇と癒しの百物語』―――――小原 猛
琉球怪談―現代実話集 闇と癒しの百物語
夏なら怪談は欠かせねえべえよ!
琉球、と銘打ってるだけあって、本州の怪談とはちょっと違う、怖かったり暖かかったりする怪談。
沖縄らしい話あり、沖縄戦にまつわる話あり・・・。
第二次大戦の沖縄戦の話は結構、くるものがあって、涙ぐんじゃいました。
特に、戦争で亡くなった叔父さんの戦没者慰霊碑を訪ねる話が好き。
小原さんの訥々とした語り口がまた、”怖いけど暖かい”独特の人により添う怪談を生み出してるんですよ。
一度キジムナーに会いたいです。どっかおらんやろか。本州はキジムナーには寒いんかなあ。


『悪魔の文化史』――――――ジョルジュ・ミノワ
悪魔の文化史 (文庫クセジュ)
某ヴィレッジヴァンガードで見つけた。
悪魔はあやかしなん?と言う疑問は却下却下!日本は割とそういうとこアバウトだから、鬼だろうが幽霊だろうが悪魔だろうがあやかしでいいと思うんだよ。

で、悪魔ですよ。
日本では割と神様についての歴史書はあっても悪魔についてアバウトに書いてある本て少ないなあ、っておもうんですよねー。
この本は割とさらっと流して書いてあるので、細かく知りたい方には不親切だけど、なんかちょっと知りたい、って言う分には面白いです。
古代の悪魔という概念の発生から現代の悪魔の皆さんまで。
特に、「神=悪魔」に対する概念の発生や、キリスト教の悪魔への意識の矛盾、もとになったの神様の皆さんの紹介など、幅広いです。
ただ、ちょっとあちこち微妙に間違ってるところもあるので、細かいとこは調べよう。
しかし、ヴィレッジでこの本の横に置いてあったのが「よんでますよ、アザゼルさん。」と「青のエクソシスト」だったあたり、日本のアバウトさが分かるよね!(笑)


今日の一曲:monobright「道標側ソウル」
イーマージーーン!!(挨拶)

もう夏休みなんですねえ。
近くに市民プールとでかい公園があるので、家の近くがやかましいですよ。
図書館や本屋も混んでいて。
今日、夏の100冊のチェックしに駅前の書店に行ったら、実に愛らしい中学生くらいのお嬢さんが、「あ、あの・・・輪るピングドラムっていうのが載ってる本は、ありますか・・・?」って店員さんに聞いていてスゲー可愛かったです。
店員のおっさんに「知らんなー」って言われて涙目になってる姿がもっともっと可愛かったです。
あとでアニメ誌を見せておきましたが。
わたしにもあんな時代が・・・・・なかったな!(爽やかに)


さてさて、夏の本れびゅです。まずは前半、ミステリ編から。


『真夏の方程式』――――――東野圭吾
真夏の方程式
湯川先生のガリレオシリーズ最新作。
子供と話しただけで鳥肌立ってた湯川先生が、なんと、子供と話したり、実験したり、すっげー成長を見せる一作。
一夏の思い出にするには苦すぎる、そんな少年のある夏の日のお話は、湯川先生の成長物語でもありました。
ミステリ部分はやや弱いんですけど、やっぱり読ませる力ハンパ無いというか。
人間観察や、ドラマの部分に重きを置いたのかな、とか。
夏、海、田舎の1日。それが目に浮かぶようなんですよねえ。
素直じゃないクソガキと一緒になってムキになる湯川先生を、ドラマのキャストで想像するとニヤニヤが止まらんよ!
これは是非夏に読んで欲しいですね。
そんで来年辺り、夏のスペシャルドラマにでもして欲しい。
これはそういう作品です。


『謎解きはディナーのあとで』―――――東川篤哉

謎解きはディナーのあとで
これ、本屋大賞の前にジャケ買いしてたんですけど、なんというか、最近の本屋大賞はライトに、時間のない人にもさらっと読める見たいなコンセプトでもあるんですかね~?
いや、でも面白いんですよ。
しかし、キャラに頼りすぎてて、ミステリ部分がが限りなく薄い・・・。
それは『真夏の方程式』にも言えることですが、やっぱ新人と大御所はねえ・・・、比べる方が悪いよね。
でも背の高い、慇懃無礼眼鏡は大好物です。
本当にありがとうございました。

ちょっと毒吐き。
本屋大賞ってもう、完全にマーケティングだけの有名無実化してる気がするんですよねえ。
そんくらいなら、レコ大の本屋版でええやん。あかんのん。って思っちゃうわけですね。
売れる本=いい本じゃないし、逆もしかり、なんですけどねえ。


『愛おしい骨』―――――キャロル・オコンネル

愛おしい骨 (創元推理文庫)
これがミステリーか、って聞かれると非常に困っちゃうんですけども、一応ミステリーの棚に売ってたし、”創元推理文庫”から出てるから、ミステリーで!
20年ぶりに生まれ故郷の町に帰ってきたオーレンの前にあったのは、認知症の父親と20年前に失踪した弟の骨が毎晩、一つづつ還ってくること。
という話ですが、このオーレンの帰ってきた町っつうのが、アメリカの田舎町の、変人しか住んでない(←ここ重要)狭いコミュニティ。
本当に変人しかいないし!
オーレンの初恋の彼女はツンデレとかじゃないし!もうツンですらないし!マジ殺しにかかってくるしwwww
そんななか、もう一度20年前の出来事をなぞり始めるわけですが、これが、ハマるとぬけだせないんですよねー。
続きが超気になる。
あと、謎の家政婦のハンナ、最強です。
この物語はハンナがいないと進まないですから。ハンナかっこいいですー。



今日の一曲:THE CHERRY COKE$「Rascal Trail」‏
4月もそろそろ終わりですね。
今月はなんだかんだ言いながらボンヤリすごしてました。

4月と言えば園芸シーズンなのですけど、今年は天候不順なのか全然暖かくならなくて、なかなか野菜を植えたりすることまで行きません。種から発芽はしたのですが・・・・。
今年は和井ママのリクエストで食用菊の苗も買ったので、さっさと暖かくなって欲しいです・・・。


さてさて、本レビューですー。
今回は、ジュブナイル本ですー。

『バビロンまでは何マイル』上・下―――――D・W・ジョーンズ

バビロンまでは何マイル 上 (創元推理文庫)バビロンまでは何マイル 下 (創元推理文庫)
文庫で出たので読んでみました。
いやー、久々の、止められない止まらないD・W・Jワールド!!
堪能いたしました。
なりたてのマジド(世界と世界をむすぶ魔法調停館のようなもの)ルパートが異世界のめんどくさい帝国(ww)の調停を命じられ、そこで起こった王位継承権問題に巻き込まれながらも地球では新しいマジドを探さなくてはならないという板挟みになる上に、関わる人間は皆変人・・・という素敵ストーリー。
ルパートは生真面目優等生タイプ。ひたすら周りに振り回され、且つ突っ込みつつ、でもだんだん朱に交わって赤くなっていく過程が素敵すぎます。
マジド候補にしてヒロインのマリーがまた強烈で最高です。可愛い!彼女にもまた秘密が・・・。
伏線と伏線がどんどん複雑に交差し、複数の視点で語られる手法とオチと収束のさせ方は流石としか言えません。
これもまたD・W・Jの魔法?
とにかくルパートが愛しすぎる~。神経質なのでアイロンも自分でかけますよ!料理も得意でパソコンマニア。
そして眼鏡と来ればもう和井大好きです。ありがとうございました。

別の書店から出ている『花の魔法、白のドラゴン』とリンクしているそうなのでそちらも読みたいですね。


『眠り姫とバンパイア』――――我孫子武丸
眠り姫とバンパイア (ミステリーランド)
ミステリーランドシリーズの新刊。
気が付くと眠ってしまう事から、父親に”眠り姫”と呼ばれている少女・優希と、その家庭教師の物語。
優希は大好きな父と久々の再会を果たしますが、父には秘密がありました。
我孫子先生なので勿論ミステリーで、ちょっと人間のダークさもありつつ、やっぱりキャラが素敵です。
そして、ミステリーの部分は、ちょっとトリックがお粗末かな、って思いましたけど、その分人間ドラマが濃厚でした。
優希と母親のの中の歪みを知り、その解決に乗り出そうとする、家庭教師の荻野が凄く良いキャラで、こういう人なら私も超お知り合いになりてえぇぇぇ!!と叫んでしまうほどのタイプでした。
・・・・・・・・・・・上のもだけど、ミステリーなんで内容についてほとんど書けねえええ!

短いので、ささっと読めてしまいますが、ミステリーランドは良作が多いですね。


『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』――――万城目学

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
作品がどんどん映画化・映像化される旬な作家な万城目さんの小説ですよ。
小学生のかのこちゃんと、赤トラの猫マドレーヌ婦人の、出会いと別れの物語。
新書ですが、私はこれを是非子供と、子供だったことを覚えている大人に読んで欲しいんですよ。
小学一年生の好奇心旺盛なかのこちゃんと外国語が話せる猫・マドレーヌ夫人の視点で交互に進む、一つの季節。
不思議なことはありすぎて、猫の世界も人間の世界もくるくるまわる。
不思議といってもなんか日常のうちに書かれちゃってるのであんまりファンタジーな感じしないです。

万城目さんの小説『鹿男あおによし』ととちょっとだけリンクしてるので、あのラストを読んだ後、これを読むと少し幸せな気分になれます。




今日の一曲:GOING UNDER GROUND「さよなら僕のハックルベリー」
こんばんは。

閑のあるときにちくちくとフェルトで縫ったネズミの猫おもちゃ、一昨日目を離したスキに犬の茜ちゃんが持って脱走し、しがんだせいで犬のよだれまみれとなり、凄く哀しい姿になりました。
もう一つあったのですが、そっちはお兄にゃんずが取り合いをして、暴れて綿が出ました。
短い命でした・・・・。


『樹環惑星―ダイビング・オパリア―』――――伊野 隆之
樹環惑星――ダイビング・オパリア―― (徳間文庫)

日本SF新人賞受賞作。
でも今年で新人賞の方はなくなる模様で、かなり楽しみにしていたので哀しいです。

で、最後の受賞作。
非常にリアルで、かつ作り込まれていて、”冒険小説”と銘打っているものの、プロジェクトX的な面白さと、人間ドラマがすごく良くて引き込まれました。
科学技術の進んだ未来、惑星オパリア。
オパリアは森の世界。そして、その森が恵みを生みながら、入植者である人間には有毒な化学物質を生み出します。
この小説はオパリアで森を研究する女性科学者、スカイダイビングに魅せられた青年、オパリアを中心にする星系に蔓延する悪質な違法ドラッグ、そしてそれらの背後に見える巨大利益を生む企業。
そうした人間の目線で見たストーリーが平行に進む中で少しづつオパリアの異変が垣間見えてきます。
いかにも!なSFっぽい感じは少ないながら、さり気なく面白いガジェットが挟み込まれていたり、現代の環境問題と巨大企業に通じるものが見えたり・・・・、とかなり面白く読ませて、かつ平行する物語の収束の仕方が上手くて、読ませました。
著者は新人という若さではないにしろ、これからの作品がかなり楽しみです。


『月のさなぎ』――――石野 晶
月のさなぎ
日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。

隔離された空間に集う異形の少年少女(というか彼らには性別がないんだけど)たち。
そこに起こる事件と外から来た一人の少年。ていうと恩田陸さんとか初期の長野まゆみさんっぽいかんじ?
外界から隔離している森や学院の雰囲気とか一人一人の描写とかが凄くいいんですよねえ。
提示された問題はラストでも全く解決されてない感じもするけれど、青春小説としてはかなりのものって感じがします。
謎解きやら世界観やらに無理に重きを置かないで、特殊な学園に集う”月童子”という成人するまで性別を持たない子供たち、っていう特殊なセカイと彼らの成人するまでの短い時間っていうところにポイントを置いたのが良かったかと。
ミステリーっぽいけどミステリー自体が主点じゃないので。
アリプロとか好きな日とはたまんないと思うなあ。

主人公・薄荷の恋と薄荷の親友・空の恋が対称を成して、その終わりが物語の終わり。
そんな中、彼らを迎える世界はやさしくはない。
青春小説です。あまずっぱいです。


『死んだ女は歩かない』――――牧野修
死んだ女は歩かない (幻狼ファンタジアノベルス)
地上から病気を根絶する目的で作られた寄生虫が、男は異形に、女性は異能者にしてしまった!
そんな掃きだめの町のスーパーウーマンたちの活躍!
・・・・・・・・・・・ってな感じです。牧野さんの言葉を借りると「女だらけのX-MEN!ポロリはないよ!」だそうです。
多分牧野さんは好きなものをぶっ込んでノリにノリまくって書いたと思われます。牧野節全開です。
とにかく女性が強いよ!強い女が好きな人はたまらない。
私はゾンビと超能力者が好きなのでめっちゃ面白かったです。
私はジョシコーセーな無苦ちゃんと女性陣に押されてる天才少年蟻塚くんがかなり好き。
よく考えればかなり悲惨な話が多いんだけど、とにかくヒロインズが強いのとキャラがノリまくってるので悲惨な感じが全然しないんですよねえ。
なんか続編もありそうだし、主人公で保安隊長で最強ウーマンな乾月さんの目的も全然果たされてないし、続きが楽しみ。


今日の一曲:ALI PROJECT「絶國TEMPEST」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。